スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天真正自顕流(Tenshinsho Jiken Ryu)

天真正自顕流とは

天真正自顕流(てんしんしょうじけんりゅう)は、十瀬与三左衛門長宗が開いた剣術流派。 [[示現流] [野太刀自顕流]]の源流派として知られる。

十瀬与三左衛門長宗が、飯篠盛近に師事して(飯篠盛信に師事したとする伝承もある)天真正伝香取神道流を修行し印可を得た後、鹿島神宮に参籠し、天真正自顕流を開いたとされている。

名称の意味は、流儀名の始めに鹿島香取明神の意味である天眞正を、次に、流儀尊祖である自一坊の一字【自】を頭に、次の一字を顕幸先師の【顕】としたのである。

流儀を創始した長宗は、その後、諸国を巡り最終的に薩摩の地に至り、瀬戸口政基と改名した。 薩摩伊王滝に於いて見性悟道に至った長宗は、そこで流儀名を【天眞正自源流】と確立したのである。

十瀬長宗は、天真正自顕流を金子盛貞に伝授し、更に寺坂政雅に伝えたとされる。寺坂政雅は出家して善吉と名乗ったが、この善吉こそが東郷重位に天真正自顕流を伝えた人物である。

善吉は、京都の天寧寺の僧であったが、1588年(天正16年)、天寧寺に参禅に訪れた東郷重位に、その伝える剣技を相伝した。東郷重位が薩摩に帰国後、天真正自顕流を自らの工夫を加えて示現流を創始した。 その後、善吉は天寧寺の三世となり、閑翁と号した。1594年(文禄3年)、遷化。

一般に示現流から野太刀自顕流が分かれたと考えられがちだが、示現流は薩摩の御留流であり示現流から分化したわけではない。 薬丸自顕流は薬丸大炊兵衛兼陳入道如水が18代瀬戸口基広から天眞正自源流を継承し、 薬丸家に伝わる野太刀流と組み合わせ新たに立ち上げた流派である。

天真正自顕流 - Wikipedia

動画

Tenshinsho Jigen Ryu

Tenshinsho Jigen ryu iai

Tenshinsho Jigen ryu Iaijutsu kids

Tenshinsho Den Katori Shinto Ryu (Sugino ha)

スポンサーサイト

タイ捨流とは(Taisha Ryu)

タイ捨流とは

タイ捨流(たいしゃりゅう)は、丸目長恵によって創始された兵法である。

丸目蔵人佐(丸目長恵)は、肥後(熊本県)南部を領していた相良氏の家臣である。上京し、新陰流を創始した上泉伊勢守秀綱の弟子となり、将軍足利義輝の前での演武で秀綱の打太刀を勤めている。永禄10年(1567年)秀綱より、上泉伊勢守信綱の名で印可状を受けている。その後、新陰流を九州一円に広めたあと、独自の工夫によりタイ捨流を開流した。

九州一円に広まり、江戸時代には、人吉藩、佐賀藩で盛んに行われた。鹿児島藩の示現流、福岡藩で盛んだった安倍立もタイ捨流を学んだ流祖によって創流されている。

「タイ」と仮名で書くのは、「体」とすれば体を捨てるにとどまり、「待」とすれば待つを捨てるにとどまり、太とすれば自性に至るということにとどまり、「対」とすれば対峙を捨てるにとどまり、字によって意味を限定してしまうので、仮名で「タイ」と書くことで何れの意味にも通じることができるからである。

技は新陰流を基礎として、自分も生かし、相手も生かす「活殺剣法」で、形の最大の特徴は、右半開に始まって左半開に終わり、すべて袈裟斬りに終結する独特の構えにある。

宮崎県西臼杵郡五ケ瀬町に伝わる棒の手の心影無雙太車流の元流派ともいわれている。

タイ捨流 - Wikipedia

動画

Taisha ryu kenjutsu タイ捨流

Shinto Ryu Kenjutsu

Isshin Ryu Kusarigama

Shinto Muso Ryu- Ikkaku Ryu Jutte jutsu

関連資料

薬丸自顕流とは(Yakumaru Jigen Ryu)

薬丸自顕流とは

薬丸自顕流(やくまるじげんりゅう)とは、薩摩藩士・薬丸兼陳(やくまる けんちん)が示現流を修めた後、家伝の野太刀の技を元に編み出した剣術である。野太刀自顕流(のだちじげんりゅう)、薬丸流、または単に自顕流とも呼ばれる。読みが同じなためしばしば示現流と混同される。

薬丸自顕流 - Wikipedia

動画

Yakumaru Jigen-ryu Demonstration I

Yakumaru Jigen-ryu Demonstration II

Yakumaru Jigen-ryu Demonstration III

Yakumaru Jigen Ryu 2007

関連資料

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

示現流とは(Jigen Ryu)

示現流とは

示現流(じげんりゅう)とは、薩摩藩を中心に伝わった古流剣術。薩摩藩に於いては御流儀とされていた。流祖は東郷重位。

本来は薩摩藩及び分家の佐土原藩以外の者に伝授することを厳しく禁じられていた御留流である(薩摩藩内では江戸後期より御流儀と称された)。

ただし、近隣諸藩にもジゲン流を称する流派があり、藩を致仕した元門人により近隣諸藩にも伝わっていたようである。もっとも、系譜が明確なものは少なく、それらのジゲン流を称する流儀が本当に示現流と関連があったのかどうかは、多くが失伝しているために不明である。興味深いのは関東の笠間藩に伝わった流れで、佐土原藩経由で延岡藩に伝わり、延岡藩主だった牧野家が常陸の笠間に転封になった事から、笠間まで伝わったようである。

示現流 - Wikipedia

動画

Jigen Ryu 001 示現流

Jigen Ryu 002 立ち木打ちに挑戦

jigen ryu

小説

二天一流とは(Niten Ichi Ryu)

二天一流とは

二天一流(にてんいちりゅう)は流祖・新免武蔵藤原玄信(宮本武蔵) が、晩年に熊本で完成させた兵法である。その理念は著書『五輪書』に著されている。

宮本武蔵の父・新免無二(當理流関係の文献には宮本無二之助藤原一真・宮本無二斎藤原一真)は、實手・二刀流などを含む當理流の使い手だったが、武蔵はそれを発展させ流名を円明流に改めたという。晩年、伝えていた一刀、二刀、實手など多くの形を捨て、右手に大太刀、左手に小太刀の二刀を用いる五つのおもて「五方」の五本にまとめ上げ、その兵法理念を『五輪書』に書き表した。『五輪書』では流名は二刀一流・二天一流の二つが用いられているが最終的には二天一流になったと考えられる。後世には、二天流・武蔵流の名も用いられている。

二天一流 - Wikipedia

動画

Photek - Ni ten ichi ryu

Niten Ichi Ryu on French TV

Hyoho Niten Ichi Ryu

Hyoho Niten Ichi Ryu Katas

Photek - Ni Ten Ichi Ryu

Ni Ten Ichi Ryu

Niten ichi ryu

Photek "Ni Ten Ichi Ryu" Visualization

Photek 'Ni ten ichi ryu'

Hyoho Niten Ichi Ryu Kenjutsu Kata - Nagashi Uchi

Kenjutsu - Samurai Spirit (Espírito Samurai - Reportagem)

Two Swords Technique

Photek - ni ten ichi ryu

Photek - Ni ten ichi ryu

Kenjutsu Kumidachi

武踊(martial dance)二天一流(宮本武蔵)

Hyoho Niten Ichi Ryu Kenjutsu Kata - Nagashi Uchi

「喝咄 」

関連資料

曙太郎(Akebono Taro)

略歴

曙 太郎(あけぼの たろう、1969年5月8日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身東関部屋の第64代横綱で、外国人初の横綱。2001年に大相撲の世界から引退。東関部屋所属。現在は総合格闘家(K-1ファイター)兼プロレスラー。チーム・ヨコヅナ所属。身長203cm、体重215kg。血液型O型。

1996年に日本に帰化し、本名も四股名と同じ「曙 太郎」を名乗る。旧名は、チャド・ローウェン・ジョージ・ハヘオ(Chad George Haaheo Rowan)。力士として活動していた時期(帰化前)には、日本風に姓を頭にして本名はローウェン・チャドとしていた。

曙太郎 - Wikipedia

動画

曙 VS シルバ

小錦vs曙

太?高手王??VS日本相?高手曙太郎

曙 - 雲龍型 - 横綱土俵入り

曙vs小錦

容祖兒 曙鳳蝶

太_極 推 手 冠 軍 - 王_戰_軍 挑 戰 相 撲 力 士 - 曙 太 郎

DVD

書籍

宝蔵院流槍術とは(Hozoin Ryu Sojutsu)

宝蔵院流槍術とは

宝蔵院流槍術(ほうぞういんりゅうそうじゅつ)とは、奈良は興福寺の僧宝蔵院覚禅房胤栄(?~1607)が創始した十文字槍を使った槍術である。薙刀術も伝承していた。 初代宝蔵院覚禅房胤栄、2代目胤舜、3代目胤清、4代目胤風。

現在は宝蔵院流高田派の江戸に伝えられた系統のみが現存している。この系統も全伝は現存せず「槍合わせの形」のみが伝えられ、薙刀術の形などは失伝している。

宝蔵院流槍術 - Wikipedia

宝蔵院流槍術

動画

Hozoin Ryu Sojutsu at Atsuta Jingu 2006 45th Embutaikai

関連資料

天然理心流とは(Tennen Rishin Ryu)

天然理心流とは

天然理心流(てんねんりしんりゅう)とは、日本の剣術流儀の1つである。

遠江国の近藤内蔵之助(?-1807年)が、寛政年間(1789-1801)頃に創始し、江戸に道場を構えた。二代目を近藤三助が継ぎ、江戸はもとより、現在の多摩地方や埼玉、神奈川まで広範囲に普及した。江戸時代後期に近藤周助の養子である四代目宗家近藤勇が京都で新選組を結成した事で知名度を上げる。

五代目は近藤勇の婿養子である近藤勇五郎が継承した。 近藤勇五郎は、その当時存命であった多摩在住の師範より天然理心流を学んだと思われる。

天然理心流は、奥義を宗家の口伝によって伝承するが、前宗家から口伝を受けたのは四代目の近藤勇までである。

天然理心流は剣術の他に居合術、柔術、棍棒術、気合術を含む総合武術であり、技量に応じて入門から切紙、目録、中極意目録、免許と進み、指南免許を得ると門人を集め道場を開く事が出来る。


現在では、近藤勇の生家である宮川家の子孫の宮川清蔵が九代目宗家道統を継ぎ、二代目の近藤三助の弟子の系統で全伝を伝承する心武館館長の大塚篤とともに茨城県牛久市で指導している。 また、八代目の加藤伊助の弟子であった平井泰輔、荒川治もそれぞれ三鷹市で天然理心流を指導している。

天然理心流剣術 - Wikipedia

天然理心流 公式サイト

動画

tennenrishin ryu kenjutu 天然理心流剣術

天然理心流 刀による演舞

天然理心流 刀による演舞2

天然理心流 演舞

天然理心流棒術1

天然理心流棒術2

天然理心流棒術3

天然理心流奉納額・日野八坂神社

撥雲館

DVD

書籍

朝青龍明徳

略歴

朝青龍明徳(あさしょうりゅう あきのり、1980年9月27日 - )は、モンゴル国出身の力士で第68代横綱。本名 Долгорс?рэн Дагвадорж(Dolgors?ren Dagvadorj、ドルゴルスレン・ダグワドルジ)。まだ若いが、既に「平成の大横綱」と形容される。四股名の由来は、高校在学時に世話になったという高知県土佐市の青龍寺で、また、「明徳」という名前は出身校である明徳義塾高等学校にちなんで名づけられた。 朝青龍明徳 - Wikipedia

動画

平成十八年大相撲秋場所十四日目 朝青龍vs千代大海

朝青龍 vs. 貴乃花 (2)

横綱 朝青龍 ? "仮病疑惑"で批判集中

朝青龍vs豊ノ島_名古屋場所6日目_2007

大相撲朝青龍,七連霸回顧

朝青龍vs白鵬 平成16年秋場所?平成18年春場所(全10番)

大相撲初場所 朝青龍vs琴欧洲vs白鵬

平成十九年大相撲初場所三日目 朝青龍vs出島

朝青龍 優勝の軌跡

平成十九年大相撲春場所初日 朝青龍vs時天空

平成十九年大相撲春場所 優勝決定戦 白鵬 vs 朝青龍

平成十九年大相撲春場所二日目 朝青龍vs雅山

平成十九年大相撲初場所十四日目 朝青龍vs栃東

2007初場所第7天,朝青龍對安馬

平成18年 大相撲名古屋場所 朝青龍vs千代大海 &朝青龍インタビュー

書籍

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

柳生心眼流とは(Yagyu Shingan Ryu)

柳生心眼流とは

柳生心眼流(やぎゅうしんがんりゅう)とは日本の伝統武術の流派のひとつ。竹永隼人(直入)を開祖とする(荒木又右衛門を開祖と伝える系統もある)。現存する技法では当身技を中心とする特異な内容の柔術を伝えることで知られる。系統によって伝える内容は異なるが、体術(柔術)・剣術・居合術・棒術・薙刀術などを含み、剣術は大太刀を遣う技法も伝えられている。

合気道開祖・植芝盛平は若かりし頃、大阪府堺市で教授を行っていた中井正勝の道場で柳生心眼流(通称・後藤派柳生流)を学び坪井政之輔から皆伝を得ている。

現代に伝わる柳生心眼流には大きく分類して東北伝、東京伝、関西伝の柳生心眼流が現存している。

東北伝 星派

東京伝 星野派  別称、柳生心眼流荒木堂

関西伝 依藤派

柳生心眼流 - Wikipedia

動画

Yagyu Shingan Ryu Heijutsu Kenjutsu

Yagyu Shingan ryu ken

Yagyu Shingan ryu Kogusoku and Jingasajutsu

Yagyu Shingan ryu tachijutsu

Goto ha Yagyu Shingan Ryu Kenjutsu

Goto ha Yagyu Shingan Ryu Taijutsu I

Goto ha Yagyu Shingan Ryu Taijutsu II

Yagyu Shingan ryu katchu heiho yoroi kumi uchi

Yagyu Shingan Ryu Heijutsu Taijutsu I

Yagyu Shingan-ryu Taijutsu Yawara 柳生心眼流體術

Yagyu Shingan Ryu Jingama

Yagyu Shingan Ryu Heijutsu Taijutsu II

Yagyu Shingan-ryu History 柳生心眼流體術

Goto ha Yagyu Shingan Ryu Bojutsu I

Goto ha Yagyu Shingan Ryu Bojutsu II

DVD

ビデオ

書籍

最近の記事
目次(敬称略)

武道・武術など

合気道

柔道

沖縄空手

空手

少林寺拳法

ジークンドー(截拳道 / JKD)

中国武術(人物別)

中国武術(流派別)

諸武道流派別

総合格闘技(PRIDE他)

相撲

レスリング

ムエタイ・キックボクシング

ボクシング

プロレス

俳優

ダンス

試験運用中

リンク集
カウンター
PR
PR
メールフォーム
名前:
メール:
件名:
本文:
フリーエリア
身体感覚を取り戻す―腰・ハラ文化の再生 (NHKブックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。