スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本拳法とは

日本拳法とは

日本拳法(にっぽんけんぽう、にほんけんぽう)は、1932年(昭和7年)、関西大学出身柔道家の澤山宗海(さわやまむねおみ)により創始考案された、防具(面・胴・股当その他)とグローブを着けての、突き、蹴り、関節技を駆使して勝敗を競い合う競技武道。日拳(にっけん、にちけん)と略して呼ばれることがある。

統括競技団体は日本拳法会と日本拳法協会の二系統がある。

そもそも柔術において確立された当身技が、柔道においては柔道形に含まれていながら試合では禁止されていることで余り稽古されていない状況から、当身を自由に安全にできる稽古の確立を目的として工夫された武道である。古来の柔術へ回帰する思想に基いた技術体系であるため、やわらを意味する「拳法」と称した。母体となった古流柔術の流派は今も特定されておらず、澤山が当身を研究する中で一時期、空手の大家・摩文仁賢和に師事していた事を以って空手から派生したのだと強弁する者はいるが、実際のところ突き一つとっても空手とは全く異なる技術、用法である。

いくつかの古流柔術の流派が起源としてる『日本書紀』にある古代相撲、野見宿禰と当麻蹴速の闘いは総合格闘技であり、日本拳法はそれを復元する試みとのふれこみもある。 事実、昭和40年代ごろまで、大きな試合は四隅にたてられた柱にロープを張った「リング」で行われており、これは古代、相撲神事で使われていたものの再現であるとのことであった。

澤山は関西大学と吹田市を拠点に日本拳法会を開き、関東進出を任された弟子の森良之祐がのちに袂を別って協会を開き、その協会から分裂して連盟が生まれた。

すべて明治以降の出来事ではあるが、いわゆる総合格闘技ムーヴメントより遙か前から、あらゆる種類の技を駆使する直接打撃制の歴史を重ねてきている。その即用性の高さから、協会の拳法は自衛隊の教練にも取り入れられ、森良之祐が自衛隊徒手格闘制定に参画したことから、自衛隊徒手格闘は協会拳法と柔道と富木流合気道をベースに作られた。また、森は警察大学校の講師でもあったため警察の逮捕術にも大きな影響をあたえている。全国の大学にクラブがあり、その出身者(渡辺二郎(拳法会)、猪狩元秀(協会)など)たちの活躍もこの武道を大きく発展させる素地となっている。

日本拳法 - Wikipedia

日本拳法会オフィシャルサイト

士道-日本拳法協会 公式サイト

動画

日本拳法連盟 2006

Nippon Kempo

日本拳法 at マニラ

関連資料

DVD

書籍

スポンサーサイト
最近の記事
目次(敬称略)

武道・武術など

合気道

柔道

沖縄空手

空手

少林寺拳法

ジークンドー(截拳道 / JKD)

中国武術(人物別)

中国武術(流派別)

諸武道流派別

総合格闘技(PRIDE他)

相撲

レスリング

ムエタイ・キックボクシング

ボクシング

プロレス

俳優

ダンス

試験運用中

リンク集
カウンター
PR
PR
メールフォーム
名前:
メール:
件名:
本文:
フリーエリア
身体感覚を取り戻す―腰・ハラ文化の再生 (NHKブックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。