スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ捨流とは(Taisha Ryu)

タイ捨流とは

タイ捨流(たいしゃりゅう)は、丸目長恵によって創始された兵法である。

丸目蔵人佐(丸目長恵)は、肥後(熊本県)南部を領していた相良氏の家臣である。上京し、新陰流を創始した上泉伊勢守秀綱の弟子となり、将軍足利義輝の前での演武で秀綱の打太刀を勤めている。永禄10年(1567年)秀綱より、上泉伊勢守信綱の名で印可状を受けている。その後、新陰流を九州一円に広めたあと、独自の工夫によりタイ捨流を開流した。

九州一円に広まり、江戸時代には、人吉藩、佐賀藩で盛んに行われた。鹿児島藩の示現流、福岡藩で盛んだった安倍立もタイ捨流を学んだ流祖によって創流されている。

「タイ」と仮名で書くのは、「体」とすれば体を捨てるにとどまり、「待」とすれば待つを捨てるにとどまり、太とすれば自性に至るということにとどまり、「対」とすれば対峙を捨てるにとどまり、字によって意味を限定してしまうので、仮名で「タイ」と書くことで何れの意味にも通じることができるからである。

技は新陰流を基礎として、自分も生かし、相手も生かす「活殺剣法」で、形の最大の特徴は、右半開に始まって左半開に終わり、すべて袈裟斬りに終結する独特の構えにある。

宮崎県西臼杵郡五ケ瀬町に伝わる棒の手の心影無雙太車流の元流派ともいわれている。

タイ捨流 - Wikipedia

動画

Taisha ryu kenjutsu タイ捨流

Shinto Ryu Kenjutsu

Isshin Ryu Kusarigama

Shinto Muso Ryu- Ikkaku Ryu Jutte jutsu

関連資料

スポンサーサイト
最近の記事
目次(敬称略)

武道・武術など

合気道

柔道

沖縄空手

空手

少林寺拳法

ジークンドー(截拳道 / JKD)

中国武術(人物別)

中国武術(流派別)

諸武道流派別

総合格闘技(PRIDE他)

相撲

レスリング

ムエタイ・キックボクシング

ボクシング

プロレス

俳優

ダンス

試験運用中

リンク集
カウンター
PR
PR
メールフォーム
名前:
メール:
件名:
本文:
フリーエリア
身体感覚を取り戻す―腰・ハラ文化の再生 (NHKブックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。