スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無外流とは

無外流とは

無外流剣術(むがいりゅうけんじゅつ)は、江戸時代中期(元禄6年 - 享保12年1695年6月23日)に辻月丹により開かれた剣術の流儀である。正式には無外真伝剣法(むがいしんでんけんぽう)という。自鏡流居合が併伝されている。

辻月丹(幼名:兵内)は、近江国甲賀郡出身で、京都で山口流剣術を学んだ後、江戸で道場を開いた。その傍ら禅を修行し、和尚から「一法実無外 乾坤得一貞 吹毛方納密 動著則光清」という偈を得たことにより、流儀の名を無外真伝剣法とした。

最盛期には大名小名30数家、直参150人あまり、陪臣にいたっては1000人以上もの門人が集まり、日本全国に広まった。土佐藩では上士の学ぶ剣法とされ、幕末に活躍した「四賢侯」の一人、山内容堂もこの流儀の剣術を学んでいる(居合は無外流ではなく、長谷川英信流を学んだ)。

また、第5代の都治資幸に学んだ姫路藩士・高橋充亮と高橋充玄により、無外流高橋派が開かれた。高橋派では次代の高橋武成により形が改変され、さらに津田一伝流が採り入れられるなどの発展を遂げた。

大正期の剣の達人、高野佐三郎、高橋赴太郎、川崎善三郎の「警視庁の三郎三傑」のうち、高橋、川崎は無外流の使い手(高橋は姫路藩の無外流高橋派、川崎は土佐藩伝の無外流)である。

池波正太郎の小説『剣客商売』で登場人物の秋山小兵衛が無外流を使うことで知られる。

無外流 - Wikipedia

リンク

無外流兵法譚

動画

Iai-Do and Ken-Jutsu at Kori-Jinja-Shrine 2007

mugai-ryu iai-do

"Action Karate ~ The Heart of Karate-do" Part 4

Fight Scenes from Ame Agaru

IAI DO MUGAI RYU

IAI DO MUGAI RYU Turchi Fabrizio

IAI DO MUGAI RYU Di maio Andrea

スポンサーサイト
最近の記事
目次(敬称略)

武道・武術など

合気道

柔道

沖縄空手

空手

少林寺拳法

ジークンドー(截拳道 / JKD)

中国武術(人物別)

中国武術(流派別)

諸武道流派別

総合格闘技(PRIDE他)

相撲

レスリング

ムエタイ・キックボクシング

ボクシング

プロレス

俳優

ダンス

試験運用中

リンク集
カウンター
PR
PR
メールフォーム
名前:
メール:
件名:
本文:
フリーエリア
身体感覚を取り戻す―腰・ハラ文化の再生 (NHKブックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。