スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞踏(BUTOH, 暗黒舞踏)とは

舞踏(BUTOH, 暗黒舞踏)とは

秋田生まれの土方巽(ひじかたたつみ、本名「元藤九日生」、1928年- 1986年)と、函館生まれの大野一雄(おおのかずお、本名「大野一雄」、1906年-)によってはじめられたといわれる。彼らは、おどろおどろしい姿と動きで新しい舞踏の世界を開いた。

それまでの日本の舞踏は「静の動き」を表現する物が中心であったが、暗黒舞踏は「動の動き」であり、非常に激しい動きによって新しい境地を開拓した。当初、この新しい芸術は日本舞踏界にとって「革命」であると同時に「反逆」でもあった為、非常に議論を呼んだ。明治期までdanceの訳語として用いられていた舞踏は土方の登場によって独自のカテゴリとして進化し、日本のBUTOHとして世界的に知られるに至った。

暗黒舞踏 - Wikipedia

現在では単に「舞踏」と呼ばれることが多い。

暗黒舞踏の思想

社会の裏側、日常の影の部分。その中で埋もれてしまった物を体の動きで呼び起こし再現し表現するのが暗黒舞踏である。動きのある舞踏は主に「ダイナミズム」「力の鼓舞」「肉体の発展」を表現していたが、暗黒舞踏は「肉体の衰弱」「解体される肉体」などを激しい動きによって表現した。

暗黒舞踏 - Wikipedia

土方巽

澁澤龍彦についてのドキュメンタリー

土方巽の舞踏の映像あり

土方ダンスにおける肉体は、私たちの肉体にべったり貼り付いた、いわば目的性の偽りをはぎとって 肉体の疎外された美を白日の下に暴きだすことを目指しているのである。あらゆる目的性を剥ぎ取られた物体は、ちょうど原始人の崇拝するフェティッシュのように、その空っぽになった内部にみるみるエロスを充電する。

澁澤龍彦「肉体のなかの危機――土方巽の舞踊について」より

大野一雄

Kazuo Ohno (10.28.2000)

94歳のときの映像

スポンサーサイト

テーマ : ダンス
ジャンル : スポーツ

最近の記事
目次(敬称略)

武道・武術など

合気道

柔道

沖縄空手

空手

少林寺拳法

ジークンドー(截拳道 / JKD)

中国武術(人物別)

中国武術(流派別)

諸武道流派別

総合格闘技(PRIDE他)

相撲

レスリング

ムエタイ・キックボクシング

ボクシング

プロレス

俳優

ダンス

試験運用中

リンク集
カウンター
PR
PR
メールフォーム
名前:
メール:
件名:
本文:
フリーエリア
身体感覚を取り戻す―腰・ハラ文化の再生 (NHKブックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。