スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンタクト・インプロヴィゼーション(Contact Improvisation)とは

コンタクト・インプロヴィゼーション(Contact Improvisation)とは

コンタクト・インプロヴィゼーションは体重のやりとりを行ないながら2人~集団で即興的に動く即興(インプロヴィゼーション)の形式です。1970年代にアメリカで始まり、現在欧米では、コンテンポラリー・ダンスを学ぶ振付家やダンサーには必須のクラスとなっているばかりか、セラピストや美術家、さらに一般の人々にも広く親しまれています。

コンタクト・インプロヴィゼーション - 清水 まあや
 プロが舞台の上で誰かに見せるために踊る、というだけではなくて、一般の人たちが自分たちで実践して楽しむという側面が強いことが、コンタクト・インプロヴィゼーションの大きな特徴です。コンタクト・インプロヴィゼーションを行うことを、音楽におけるジャム・セッションになぞらえて、「ジャム」と呼びます。

ジャムの様子

Making Contact: Atlanta Contact Improv Jam 2006 http://www.youtube.com/watch?v=GUNfM-n_Soo

パフォーマンス

Not Until Now - A Film of Contact Improvisation

Contact Improvisation 1

Contact Improvisation at Luminz Studio

Contact Improvisation in performance

関連資料

コンタクト・インプロヴィゼーション―交感する身体
スポンサーサイト
最近の記事
目次(敬称略)

武道・武術など

合気道

柔道

沖縄空手

空手

少林寺拳法

ジークンドー(截拳道 / JKD)

中国武術(人物別)

中国武術(流派別)

諸武道流派別

総合格闘技(PRIDE他)

相撲

レスリング

ムエタイ・キックボクシング

ボクシング

プロレス

俳優

ダンス

試験運用中

リンク集
カウンター
PR
PR
メールフォーム
名前:
メール:
件名:
本文:
フリーエリア
身体感覚を取り戻す―腰・ハラ文化の再生 (NHKブックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。