スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡野功(ISAO Okano)

略歴

岡野 功(おかの いさお、1944年1月20日 - )は日本の柔道家。

茨城県竜ヶ崎市出身。茨城県立竜ヶ崎第一高等学校卒。中央大学法学部に在学中の1964年に東京オリンピック(中量級)に出場し、金メダルを獲得。翌1965年の世界選手権(中量級)でも優勝、わずか21歳にして柔道中量級における世界のトップ選手となる。1967年には全日本選手権で優勝し、柔道3冠を獲得。翌1968年準優勝、1969年に優勝と3年間も体重無差別の全日本選手権で決勝に進出した事は、80kgに満たない小さな体を考慮すれば特筆すべき偉業と言えよう(80kgは歴代の全日本選手権の優勝者でも最軽量)。

練習量をもって磨き上げた背負投,一本背負投を武器に体重差を克服し、寝技も強く、まさしく技術巧者であった。

岡野功 - Wikipedia

動画

Isao Okano x Lionel Grossain

関連資料

スポンサーサイト

テーマ : 柔道
ジャンル : スポーツ

最近の記事
目次(敬称略)

武道・武術など

合気道

柔道

沖縄空手

空手

少林寺拳法

ジークンドー(截拳道 / JKD)

中国武術(人物別)

中国武術(流派別)

諸武道流派別

総合格闘技(PRIDE他)

相撲

レスリング

ムエタイ・キックボクシング

ボクシング

プロレス

俳優

ダンス

試験運用中

リンク集
カウンター
PR
PR
メールフォーム
名前:
メール:
件名:
本文:
フリーエリア
身体感覚を取り戻す―腰・ハラ文化の再生 (NHKブックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。